コスメの購買行動に変化?
お試しメイクに代わり人気を集める EC 手法とは

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、消費者の行動の場はリアルからネットへと移行していっています。お試しメイクのようなリアルでの接客を伴う販売が難しくなっているコスメ業界ではどのような対応が必要となるのでしょうか。本書では、お試しメイクの代替手段として注目を集めているライブコマースについて紹介します。

コロナ禍でコスメ商材の購買行動に起きている変化

新型コロナウイルスの感染拡大によって東京都では2021年7月末時点で4度目の緊急事態宣言が発出されました。

コロナ禍は長期化が見込まれており、感染拡大防止のために新しい生活様式が求められています。新しい生活様式では、3密の回避やテレワーク、通販の利用などが求められるようになりました。外出自粛要請等もあいまって、店舗への来店があまり推奨されない状況になっていることからも、ECなどを活用した新しい生活様式は急速に浸透していっています。

新しい生活様式浸透による影響は多岐に及んでおり、コスメ領域においても例外ではありません。

肌に合うコスメを確認できていたお試しメイクが自粛されるケースも・・・

人と人との接触を避けた生活様式によって、店舗での販売やサービスにも変化が出てきています。

その中の1つがデパートや百貨店などの化粧品売り場で行われていた美容部員によるお試しメイクです。

タッチアップとも呼ばれるお試しメイクでは、美容部員が直接スキンケアやメイクを施したりするサービスですが、コロナ禍では、対面での接客や接触が必要となるお試しメイクを自粛せざるを得ないケースも存在しました。

消費者としては実際にメイクをしてもらうことで、肌に合う化粧品かどうかを判断したり、さまざまなアドバイスを受けたりするための重要なプロセスでしたが、お試しメイクが自粛されたことで商品の購入判断が難しくなっています。

このような状況を打破するために注目されている施策のひとつがライブコマースです。

お試しメイク体験を補う手法として注目が集まる“ライブコマース”

ここでは、コロナ禍によってお試しメイクの実施が難しい中で注目されているライブコマースについて紹介します。

ライブコマースとはライブ配信を用いた新しい販売・マーケティング手法

ライブコマースはライブ配信を用いた新しい販売・マーケティング手法です。配信ではインフルエンサーやショップ店員が商品の概要や特徴・使い勝手などさまざまな情報を伝えながら商品を紹介します。視聴者は配信を見ながら気になった点があればチャット機能を用いて質問をすることもできます。

リアルタイムなコミュニケーションによって実店舗に居るかのような接客を実現することもできます。

このライブコマースを使った商品紹介がコスメ商材の販売においてどのように活用できるのかを引き続き紹介します。

 

配信者が視聴者に変わりお試しメイクすることで印象を伝える

ライブコマースでは、実際に配信者が視聴者に変わりメイクを施すことで、よりリアルな色味や質感などを視聴者へ共有できます。商品の情報だけでなくメイクのテクニックなども伝えながら紹介ができることに加え、リアルタイムのコミュニケーションを活かして、実店舗のような接客体験を 1 対 N で提供することも可能です。

また、スマートフォンやタブレット、 PC などに搭載されたカメラを通じて画面に映し出されたユーザーの顔に擬似メイクを施せる「バーチャルメイク」を活用すれば、配信者だけでなく視聴者にもお試しメイクを体験してもらうことも可能です。

これらを活用して、より実店舗に近い接客やメイク体験を提供できるようになると、顧客の購買意欲を刺激しやすくなるだけでなく、顧客満足度の向上にもつながります。そのため、 CVR ・ LTV の向上やファン化を促進する効果も期待できます。

ライブコマースの成功を支援する17LIVEの「HandsUP」

新しい生活様式が浸透してきていることで、コスメ業界含め多くの業界に変化が起きてきています。

コスメ業界においては、ライブコマースを活用することで、現在では実施が難しくなってしまったお試しメイクに近い体験を顧客に提供することができます。

不要不急の外出自粛やEC・通販の活用が呼びかけられている昨今では、ライブコマースのような新たなEC手法の活用が進んでくることが予想されます。

ライブコマースを検討されている場合は、17LIVEが提供しているライブコマース支援ツール「HandsUP」がおすすめです。「HandsUP」では、初めての方でも安心してライブコマースをはじめることができるさまざまな支援を提供しています。

ご興味をもたれた方は是非以下の資料をご覧ください。

おすすめ資料

コロナ禍のユーザーニーズにマッチした ライブショッピングとは

ECの成果が伸び悩んでいる方・新たなEC戦略を模索中の方必見!コロナ禍で変化する美容・コスメECに対応するために…美容部員・商品開発担当者が主役となるライブショッピングとは?

資料ダウンロード