ショッピングチャネルとして SNS が再注目される理由

情報収集時に SNS を利用するユーザーは多くなっています。近年では、ソーシャルメディア上から購入までを完了できる機能もさまざまなメディアで登場しており、 SNS がショッピングチャネル化(ソーシャルコマース化)しています。本記事では、ソーシャルメディアの現状を踏まえ、ソーシャルコマースの成功ポイントを解説します。

台頭を続けるソーシャルメディア

スマートフォンが広く普及したことで、ソーシャルメディアの利用率も増加しています。
本章では、日本国内においてのソーシャルメディア利用率と、主な利用目的について紹介します。

3人に 2人は利用しているソーシャルメディア

総務省の「令和 2 年版 情報通信白書」によると、 2019 年のソーシャルネットワーキングサービス利用率は全体で 69% となり、 3 人に 2 人はソーシャルメディアを利用していることがわかりました。
特に若年層の利用率が著しく高く、 20 ~ 29 歳では 87% もの人が利用しているとの結果になっています。
また、前年と比較するとすべての年齢層で利用率が増加していることから、今後も普及が広がっていくと考えられます。


出典:総務省「令和2年版 情報通信白書」

SNS の主な利用目的は”情報収集”

若年層を中心に広がっている SNS はどのような目的で利用されているのでしょうか。

総務省が発表した「次世代ICT社会の実現がもたらす可能性に関する調査研究」によると、最も高かった回答は、「知りたいことについて情報を探すため」の 44.7% で約半数の人が情報収集を目的として利用していることがわかりました。

上述でも紹介したように、全年代で SNS の利用率が増加していることに加えて、利用時間についても増加傾向にあることがわかっています。これらのことから、 SNS はポピュラーで重要な情報収集手段となっていると考えられます。


出典:総務省「次世代ICT社会の実現がもたらす可能性に関する調査研究(2011年3月)」

SNSから購買につながるケースが増加。その理由は?

SNS を用いた情報収集は主に「検索」によって行われます。例えば、季節にあった衣服を購入したいと考えている場合、「夏服 2021 」のようなキーワードで検索をし、複数の他の人の投稿からどのような色やデザインが流行っているのか、注目されているメーカーはどこか等の情報を得ています

また、投稿からは評価や評判(口コミ)等の情報も取得でき、閲覧者はこれらの情報をもとに気に入った商品があれば実際に購入する場合もあります。 SNS の情報をもとに購買に至った場合、購入者自身もSNSへ投稿するといったアクションを取ることも少なくありません。

SNS を通じた情報の発信~購買は上記のような連鎖を巻き起こすことから、こういったケースが増加していると考えられます。

ショッピング機能を持ち始めた SNS ツール

これまでSNSは、ECサイトへの集客施策で広く活用されてきました。しかし近年では、ECサイトの集客手段としての機能に加え、SNS を販売に直結させるソーシャルコマースが注目されています。

従来は SNSで見つけた商品をSNS内で直接買うことはできませんでしたが、SNS から離れることなく商品の購入を行えるInstagram の「 Instagram shop 」や Facebook の「 Facebook ショップ」がリリースされています。
これらSNSツールは、集客だけにとどまらず、決済まで行うことができます。つまり、SNSで商品の販売が完了するという仕組みを持つことができます。

コロナ禍の現在では、休業となっている店舗のスタッフがライブ機能を活用したSNS配信で商品を販売するケースも増えてきており、SNSと連動した EC に注目が集まっています。

SNS 利用の増加に伴い、こういったショッピング機能を持つ SNS は増加していくと考えられています。

ソーシャルコマースを成功に導くための条件

ソーシャルコマースが注目されているとはいえ、ただSNS上に情報を発信するだけでは成功させることは困難です。ここでは、ソーシャルコマースを成功に導くための条件を3つ紹介します。

1 定期的に情報発信する

ソーシャルコマースでは、自社のブランドや商品に関する情報を定期的に発信していく必要があります。
また、発信する情報のクオリティにも注意しなくてはいけません。例えば、Instagramでは写真や動画などを発信しますが、ユーザーが投稿しているコンテンツも高クオリティなものが多く見られます。このような投稿に埋もれないような高クオリティな情報を定期的に発信することが重要です。

2 多くのフォロワーを獲得する

ソーシャルコマースは始めたらすぐに成果が出るというものではありません。SNS上で発信した情報をより多くのユーザーに届けるためには、多くのフォロワーを獲得する必要があります。そのため、投稿や広告出稿などの施策を中~長期的に実施していく必要があります。

ソーシャルコマースを成功させるためには上記のような施策を実施し、ファン層やリピート層となってくれるフォロワーを獲得していくことが非常に重要となります。

3 ライブコマース

従来の EC サイトにおいては、数枚の画像と文字による説明で商品を紹介するといった形がほとんどで、顧客は満足に商品に対する情報を得られないといったケースもありました。

SNSでライブ配信をしながら商品を販売するライブコマースは、実店舗にいるような臨場感あふれる購買体験を提供することができます。利便性とショッピングの楽しさを両立させることが、ソーシャルコマース成功のポイントとも言えます。       

ソーシャルコマースを成功させるためにはSNS上で高クオリティな情報を定期的に発信し、多くのフォロワーを獲得したうえで、ライブ配信アプリを利用して多くのユーザーを巻き込んだ臨場感の溢れる購買体験を提供することが重要です。

▶ ライブコマースでSNS時代にマッチした新しい販売・マーケティングを実現するには

おすすめ資料

コロナ禍・ SNS 時代にマッチした
購買体験の準備

コロナ禍・SNS時代に消費者から求められる購買体験とは?EC事業者のマーケティング担当者が取り組むべき対策とポイントについて解説!

資料ダウンロード