インフルエンサーマーケティングの成功事例を紹介 効果的な方法とは

SNSの普及もあり、インフルエンサーマーケティングが近年広く活用されていますが、成功させるためには押さえておくべきポイントがあります。本記事では、事例も交えながら成功のためのポイントを解説し、ライブコマースとの比較や活用法もご紹介しています。

近年、SNS利用の広がりを受けてインフルエンサーマーケティングの活用が広がっています。自社のみではアプローチが届かない層に対しても、インフルエンサーを通じて情報を届けられます。本記事では、インフルエンサーマーケティングを成功させるポイントと成功事例をご紹介します。

インフルエンサーマーケティングを成功させる効果的な方法

インフルエンサーを活用したマーケティングを成功に導く効果的な方法を3つ解説します。

適切なターゲティング

インフルエンサーマーケティングに限ったことではありませんが、マーケティングで成果をあげるうえで欠かせないのが、適切なターゲティングです。どんなに優れた品質の商品であっても、誰にとっても魅力的である、という製品はなかなかありません。自社製品を購入してくれそうな見込み客にターゲットを絞ることがインフルエンサーマーケティングの第一歩です。
PRしたいターゲット層が明確になれば、どのようなインフルエンサーを登用するべきかが見えてきます。また、どのような媒体を利用している人が多いかも分かります。ターゲットを徹底的に分析し、適切なインフルエンサーと商品の組み合わせを探しましょう

自然な演出とPRの明記

消費者は企業側が思っている以上に鋭いもので、不自然なPRに敏感です。悪い印象はSNSを通じて拡散されてしまうので、不適切なインフルエンサーマーケティングにはリスクも伴います。自然な演出を心がけるとともにPRであることの明記を必ず行い、消費者からの信頼を得ることも大切です。

インフルエンサーの投稿に対して過度なコントロールは行わず、あくまで普段の投稿と同じテイストのなかで商品を紹介してもらうようにします。どうしても企業側の要望を盛り込みがちですが、自然な演出の方が良い意味でPR感が薄れ、購買につながりやすくなります。また、宣伝であることを明示せず、いわゆる「ステルスマーケティング」にならないよう「#PR」のハッシュタグなども活用し、広告宣伝の投稿であることがユーザーに伝わるようにします。

特にInstagramでは適切なインフルエンサーマーケティングが行われるよう、一部のルールが厳格化されることが発表されています。具体的には、インフルエンサーがプロモーションとして投稿していることを明示するための「タイアップタグ」の表示や、プロモーション投稿であるかどうかを事前に確認する仕組みの導入、ステルスマーケティングの自動検出アルゴリズムの導入が挙げられています。

インフルエンサーとのコミュニケーション

インフルエンサーマーケティングを成功させるには、インフルエンサーとの適切なコミュニケーションも重要です。消費者はインフルエンサーが本当にその商品を理解しているかを見抜きます。企業としては、インフルエンサーに正しく商品理解してもらい、商品を気に入ってもらう必要があります。密接なコミュニケーションによって、より自然で消費者に魅力的に映る投稿が可能になります。
また、企業として情報を届けたいターゲットに投稿が確実に届くよう、投稿時間やアピールする内容など、施策に適したPRをしてもらう必要があります。そのためにも、インフルエンサーとの適切なコミュニケーションの確保が欠かせません。

インフルエンサーマーケティングの事例

インフルエンサーマーケティングの事例をプラットフォームや媒体ごとにご紹介します。

 

ライブコマース

まずは激安オフプライスストア「Colors-カラーズ」が店舗内から実施したライブコマースの事例です。このライブコマースでは、結果としてインフルエンサーによる1回・2時間の配信だけで店舗1ヶ月分の売り上げを記録しました。「Colors-カラーズ」は余剰な在庫品をメーカーの工場から仕入れ、格安な価格で販売していますが、リアルタイム配信で消費者からの疑問に即時で答えるなど、不安なポイントを解消することが購買促進につながることを示しています。

Instagram

Instagramもインフルエンサーマーケティングと相性の良いプラットフォームです。ある美容エステサロンはInstagram上で美容関連やトレーニングなどの情報を発信しているインフルエンサーを起用しました。PR投稿では、販売している美容商品を実際の利用シーンなどを交えながら紹介し、InstagramストーリーズからECサイトへの誘導もしています。Instagramで写真とキャプションを効果的に組み合わせることで、より興味を引く商品紹介を行えます

YouTube

YouTubeも動画を活用できるプラットフォームとしてインフルエンサーマーケティングに活用されます。お手頃価格でおしゃれなファッションを手に入れられるとあるアパレルブランドは、インフルエンサーがファッションコーディネートを紹介し、機能性だけでなく着こなし方まで説明する動画を提供することで、消費者の商品理解を促進させました。実際に使用しながらおすすめポイントを解説するため、より説得力のある紹介となっています。
また、単に商品紹介を行うだけでなく、動画視聴者にクーポンを配布し、購買意欲を促進させることにつなげています。クーポン利用をトラッキングすることで、インフルエンサーマーケティング施策の効果も測定できるでしょう

Twitter

情報の拡散性がほかのプラットフォームより高いTwitterも、インフルエンサーマーケティングに活用できます。ある食料品製造会社は、料理分野で人気の高い料理家を通じて多数のレシピを紹介してもらい、その料理に必要な商品の購買意欲を促進しています。適切なターゲティング設定の重要性にもつながりますが、自社の商品カテゴリに適合する人気インフルエンサーを選定することが大切だと示す事例でもあります。

ライブコマースの活用方法

事例でも紹介したように、インフルエンサーを起用したライブ配信や動画コンテンツには広告効果があり、購買意欲の促進につながっています。しかし、インフルエンサーに出演してもらうよりも、自社の販売店員など、社員に出演してもらう方が良いという考え方もあります。自社の店員だからこそ伝えられる商品の良さや使い方があり、それをうまく伝えられれば、「この店員から買いたい」と思ってもらえるでしょう。これは、従来実際の店舗を構える百貨店などがとってきた戦略でもあります。

ライブコマースで店員と消費者がリアルタイムかつ双方向のコミュニケーションを行うことで、エンゲージメントを高めたり、消費者の生の声を集めたりすることが可能です。もちろんですが、その費用はインフルエンサーを起用するよりも低く抑えられますし、自社商品の紹介を専属で行ってもらうのは難しいといった問題の心配もありません。

ライブコマースは新しい販売チャネルとして注目を集めており、今後はその市場規模も拡大することが予想されます。自社店員を軸にライブコマースに注力することで、売り上げ・コスト両面においてプラスに働くでしょう。

まとめ

インフルエンサーマーケティングでは、適切なターゲティング・誠実なPR・インフルエンサーとのコミュニケーションが重要なポイントです。一方で、影響力の高いインフルエンサーを起用するほどコストや炎上した際のリスクが高いのも事実です。
消費者の購買意欲を高める点ではライブコマースも効果的です。消費者とダイレクトにつながり、新しい売り上げにつなげ、エンゲージメントを高めるためには、HandsUPのライブコマースに関するサービスがおすすめです。ライブ配信だけでなく、販売や顧客の管理、販促機能なども利用できます。操作性も高く、サポート機能も充実しており、ライブコマースを効果的に活用したい方はぜひ利用を検討してみてください。
https://handsup.17.live/handsup/

参照URL

インフルエンサーマーケティング「効果」はどこを見ればいい?【抑えておきたい6つのポイントも】

【2021】インフルエンサーマーケティングの事例12選!ポイントと注意すべき点

 

インフルエンサーマーケティングの成功事例11選&ポイント解説【施策目的別】

https://find-model.jp/insta-lab/news-instagram-brand-contents-tag/https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000124.000035187.html

ライブコマースとは

人気インスタグラマーによる美容サロン集客事例(エステ,ヘア,ネイル,まつ毛)

ファッション・アパレルブランドのインフルエンサーマーケティング成功事例

【2021】インフルエンサーマーケティングの事例12選!ポイントと注意すべき点

多くの企業が注目している、インフルエンサーマーケティング活用事例

ライブコマースの導入メリット・効果

おすすめ資料

コロナ禍・ SNS 時代にマッチした
購買体験の準備

コロナ禍・SNS時代に消費者から求められる購買体験とは?EC事業者のマーケティング担当者が取り組むべき対策とポイントについて解説!

資料ダウンロード