最新のWeb集客方法とは 今注目のライブコマースについても紹介

集客手法もアナログからデジタルに変化してきています。Web集客には様々な手法があり、それぞれメリット・デメリットが存在します。自社・自店のWeb集客に最適な方法を探すことを目的に、ここでは様々なWeb集客の手法について考察しています。

Webマーケティングの手法を駆使して集客できるようになると、今までのアナログ営業より効率的に自社・自店の商品・サービスを販売できるようになります。
ここでは、Web集客の方法を取り上げ、最新のトレンドやそれぞれの特徴を紹介します。

Web集客とは

インターネットの発達は、企業の営業方法を変化させました。総務省の通信利用動向調査(令和元年)によると、インターネットユーザーは6歳以上の全年齢で約9割にも及びます。今までは、チラシやメディアなどの広告、電話を使ったテレアポなどの方法で、見込み客にアプローチしていました。広告媒体は時代とともに変化するものであるため、このインターネットを集客に活用しないことは、大きな損失といえます。
(引用元:https://www.soumu.go.jp/main_content/000689455.pdf)

現在ではWeb上に自社サイトを設け、検索エンジンやSNS・ネット広告などで、自社サイトに誘導し、見込み客を集めることが、Web集客のポイントとなっています。
Web集客を活用することで、紙媒体の広告よりも低価格で集客できるというメリットが得られます。

Web集客の種類と最新のトレンド

Web集客の種類は、集客の目的により多数存在しており、ホームページやブログなど、見込み客を集める手段により異なります。また、検索エンジンやネット広告など、見込み客をその場所に集める方法も様々です。
ここでは、検索エンジン、ネット広告、インフルエンサーマーケティング、SNS、外部のポータルサイト、ライブコマースを例に挙げて、それぞれの特徴を説明します。

検索エンジンからの集客

自社サイトを作っただけでは、そこに見込み客は来てくれません。一般的には検索エンジン上での上位表示を果たすことで、集客を促進します。検索エンジン上で上位表示されるためには、そのサイトがユーザーに価値を与えることが求められます。そして、ユーザーが価値あるサイトと評価する可能性を考慮して、検索エンジンのGoogleやYahoo!JAPANが検索結果で表示されるサイトの順番を決めています。

検索エンジンで自社サイトを上位表示させるための施策が「SEO」です。検索エンジンの評価基準は、固定されているわけではなく、ときおり評価基準の見直しがされています。それらに対応することも重要ですが、基本的にインターネットユーザーは、何か疑問に思うことを検索して調べるので、ユーザーの悩みに応える情報を掲載することを意識してサイトを作成するのが重要です。

この検索エンジンでの集客では、自然検索であれば費用がかかりません。また、リスティング広告という有料広告を利用すれば、画面の上部や右側に表示され、ユーザーの目に留まりやすくなるという利点が得られます。自然検索を基本に有料広告を活用し、自社サイトへの誘導を行うとよいでしょう。

広告

インターネット上の広告である「ネット広告」は急速に発展し、リスティング広告、ディスプレイ広告、記事広告、SNS広告と多岐にわたります。
リスティング広告は、先ほど有料広告として説明しましたが、GoogleやYahoo!JAPANに、お金を出してユーザーの目に留まりやすい場所に広告を出すことです。ユーザーが広告をクリックすると費用が発生する仕組みです。

ディスプレイ広告は、Webサイトなどの広告枠を購入して、特定のユーザーや興味を持つ層を自社サイトに誘導するための広告です。広告に興味を持つ可能性が高いユーザーやグループにターゲットを絞れるため、無駄な広告を出す必要がありません。
記事広告は、Web上に記事の形式で表示される記事型広告です。情報量が多いので、製品を認知させ、ユーザーに興味を持たせやすいという特徴があります。

SNS広告は、近年のスマートフォンの普及で身近になったSNSを活用した広告です。Facebook、Twitterなどに広告を出して、自社サイトへ誘導します。各々のメディアでユーザー層が異なるため、最適なSNSを活用することが集客成功の秘訣です。近年、このSNS広告は特におすすめの手法といえます。

インフルエンサーマーケティング

「インフルエンサーマーケティング」とは、YouTubeやInstagramなどのSNSで多くのフォロワーを持つ様々な領域に影響力を持つ人に、自社・自店の製品やサービスを使ってもらい、感想などを投稿してもらうことで、集客効果を上げることです。「インフルエンサー」からの紹介だと、直接的な広告に対して嫌悪感を抱く層に対しても、製品やサービスを間接的に認知してもらうことが可能です。

そのため、特定の分野に影響力を持つインフルエンサーに製品やサービスに関するよい評価をコメントしてもらうだけで、その製品やサービスは普及していきます。特定の分野に対して強い影響力を持つインフルエンサーを「マイクロインフルエンサー」といいます。中小企業でもこのマイクロインフルエンサーに依頼することで、広告効果が上がります。インフルエンサーマーケティングは、広告宣伝であることを隠していなければ、ユーザーに忌避されがちな「ステルスマーケティング」になりません。特定の分野に強い人にインフルエンサーになってもらうことで、費用を抑えつつ、高い宣伝効果が望めます。

SNS

SNSを活用して、ネット集客することもひとつの方法です。SNSは、Facebook、Twitter、Instagramなど、その種類によりユーザーが異なり、広めたい製品やサービスによって、どれを活用するかを選択することが大切です。SNSで集客できるようになるには、記事などのコンテンツの継続的な発信による信頼関係構築が前提です。SNSでは、製品やサービスの営業目的で友達申請してくるユーザーはあまり好まれません。

そのため、時間をかけて良質なコンテンツを発信し、ユーザーとの関係性を構築していくことが必要です。うまく活用できれば高い集客効果が望めますが、人気アカウントに育てるには時間がかかってしまいます。このため、迅速に製品やサービスを普及させたい場合にゼロからスタートさせるには不向きといえます。SNSと自社サイトを連携させて、中長期的な顧客獲得の視点から活用することで、効果が得られるといえるでしょう

その他

食べログやSUUMOなどの「外部ポータルサイト」からのネット集客が考えられます。飲食店や美容室など特定の分野に絞っている「外部ポータルサイト」も多く、上位掲載されると高い集客効果が望めますが、有料であるためコストが発生します。しかし、お店をオープンして間もないときなどは、この「外部ポータルサイト」は即効性が得られるため、利用価値が高いです。口コミ評価で高い評価を得られれば、お店のファンや顧客は増えていくでしょう。

そのほか、チラシの紙媒体にQRコードの載せることで自社サイトに誘導する、資料請求等でメールアドレスを登録してもらう、といった方法があります。メルマガは既に古い方法だと考える人も多いですが、自社のファンづくりには有効で成約率が高いといわれています。メルマガだけで集客しようとするのではなく、ときおりキャンペーン情報を配信するなど、他の施策と組み合わせるとよいでしょう。

ライブコマースの集客方法

最近注目されている集客手法に「ライブコマース」があります。ライブコマースは視聴者とコミュニケーションを取りながらライブ配信ができる手法です。臨場感が高く、配信そのものにエンターテインメントの要素があるため、上手に行うと高い集客効果が望めます。

まずは、製品やサービスを売ろうとするのではなく、自社や自店のファンになってもらえるように取り組むとよいでしょう。自社や自店のライブコマースの個性や特徴を打ち出していくことで、それを好む顧客に強くアピールする手法といえます。

ライブコマースでも製品やサービスを顧客が購入するまでの導線をしっかりと設計することは大切です。配信前にSNSやブログなどを使用して告知を行い、継続していけば自然と視聴者は増えていきます。ライブコマース用にLPを制作することも視聴者を増やすことにつながります。また、ファンになってくれた視聴者は、リピート客になってくれる可能性も高いといえます。
製品やサービスの新規購入からリピートまでの導線を考えてライブコマースの導入を検討することが大切です。

また、ライブコマースでファンが付く担当者には一定の特徴があります。それは、製品やサービスの細かな点まで丁寧に説明するスタッフに人気が集まるということです。そして、顧客に寄り添った提案ができることも重要です。普段から接客に慣れているスタッフだけでなく、製品を設計したスタッフという立場で人気が出ている人もいます。
話し上手なスタッフが視聴者を楽しませるつもりで取り組めば、自然と製品やサービスが販売促進にも繋がるでしょう。

まとめ

Web集客には様々な手法が存在します。有料広告には即効性がありますが、常時広告を出し続けることは、中長期的なコストを考えるとそれだけに依存するのは得策ではありません。
結果が出るまで時間がかかるとはいえ、SEOやSNSとの連携などを丁寧に行い、将来的に広告費をかけずに集客できるように自社での施策を行うことも重要です。ひとつの方法に絞るのではなく、複数の方法を組み合わせ、より高い集客効果を上げていくことが大切です。

参照URL

Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策

https://www.kwm.co.jp/blog/web-attracting-customers/

https://www.localfolio.co.jp/blog/5-ways-to-attract-customer-online.html

https://www.shopowner-support.net/customer_attraction_information/web/

Webで集客する方法とは?有効な施策や実際の手法を紹介

【事例付】SNS広告とは?5分でわかる基礎知識から運用のポイント

2020年目が離せない5つのWebマーケティングトレンド

マイクロインフルエンサーの定義とは?

SNSで拡散集客する効果とキャンペーン事例11選!拡散する方法とコツも

https://toyama-hp.com/attract-customers-using-sns/

Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策

【超初心者向け】Web集客の基礎から応用までガッツリまとめました。

ライブコマースのコツと成功事例を「17LIVE」の17 Media Japanが徹底解説!

https://ecnomikata.com/column/29865/

おすすめ資料

コロナ禍・ SNS 時代にマッチした
購買体験の準備

コロナ禍・SNS時代に消費者から求められる購買体験とは?EC事業者のマーケティング担当者が取り組むべき対策とポイントについて解説!

資料ダウンロード